新規で業者を選ぶときは月単位で契約を結べるところを探そう

ウォーターサーバーは、家庭内で安全で美味しい水を利用するうえで役立つ製品として普及していますが、初めて設置をする際には解約時のデメリットについてもよく理解をしておく必要があります。特に、ウォーターサーバーを長期契約する場合には、途中解約ができなかったり、多額の違約金やキャンセル料が発生したりするケースもあるため気を付けましょう。最近では、月単位で契約を結べる業者の数が増えているため、新規で業者選びをする際は、各業者の契約期間の長さに目を向けるのがポイントです。なお、途中解約の可否や手数料の有無については、プランの種類によっても異なるため、信頼できる業者の担当者と話し合いながら、じっくりと自分に向いているプランを見つけることが大切です。

契約後に一切の解約手数料が発生しない業者を見つけよう

大手の家庭用のウォーターサーバーを提供している業者の中には、契約後の料金に関するトラブルを防ぐため、一切の解約手数料が発生しないシステムを採用しているところも珍しくありません。そこで、ウォーターサーバーの導入にあたり、毎月の家計の負担を少なくしたい人は、早い時期から良心的な料金システムの業者をピックアップしておくのがおすすめです。また、解約手数料が発生する場面や支払いのタイミングについては、それぞれの業者の方針によって大きな違いがあるため、分からない点があればすぐに相談窓口に問い合わせをすることが肝心です。その他、時間に余裕がある人は、新規の顧客のみが申し込める解約手数料が掛からないキャンペーンを利用するのも有効です。

ペットボトルの水を購入して使用するのではなく、宅配で水を供給してくれるサービスが数多くあり、中には水のサーバーが無料のサービスも存在します。