ウォーターサーバーは定期的な支払いが多くなりがち

ウォーターサーバーはあらかじめサーバー本体をレンタルしておいて、そこに運ばれてくるボトルを取り付けて水を使用します。そのサーバーは毎月のレンタル料が発生するところが多く、水の使用量に関係なく一定の額を支払わなければなりません。中にはレンタル量が無料になっているところもありますが、その場合は月に購入するボトルのノルマが設けられている可能性が高いです。 そして、ほとんどのウォーターサーバーの水は、数ヶ月程度の消費期限があります。そのため、あまり水を使用しなければ、サーバーのレンタル料だけを支払うことになったり、ノルマで購入して余ってしまった水を捨てることになったりする恐れがあります。そのようなことになるのであれば、必要に応じてペットボトルの水を購入した方が割安で済むでしょう。

サーバーの稼働にもお金がかかる

ほとんどのウォーターサーバーは電力で稼働し、いつでも冷水や温水を出せるようになっています。また、サーバーの中には、定期的に殺菌やクリーニングをして、衛生的に保てるものもあるでしょう。そういった機能のために、原則としてウォーターサーバーは24時間ずっと、コンセントに繋いでおかなければなりません。つまり、水を使用しない間でも、電気料金は発生するということです。 さらに、長期的に使用していくと、ウォーターサーバーはメンテナンスが必要になります。そのメンテナンス費用が無料でなければ、水をあまり使用していない人は、余計な出費になる恐れがあります。したがって、ウォーターサーバーは電気料金やメンテナンス費用に見合うだけの使用頻度なければ、ペットボトルの方が良いかもしれません。

水宅配をしてもらうと、家まで重たい水を運ぶ必要がありません。また、定期的に配達してもらえると、買い忘れの心配もなくなります。